FreeBSD Install on Celeron machine

[ Nob's Home | FreeBSD ]

本当に久々にAT互換機を組みました。

使用した部品

以上はDOS/V magazineで調べて、3-Hawksさんで 購入しました。
夜中にwebで注文。翌日午前中に電話で確認あり発送。次の日には到着してました。

  

まとめて、8万円ほどでした。いやー、、、良い時代になりました。

OS

BSD magazine 1999 No.1を購入。FreeBSD 3.2-ReleaseのCDROMがついていました。
3.4が出ているらしいのですが、雑誌付属のCDROMとしては見つかりませんでした。

Install

CDROMから直接起動して、HDDすべてをFreeBSDに割り当てました。
Kernel Developmentのsetをinstall。

Kernelの再構築

メルコのFreeBSD動作確認情報には 記載されていませんが、LGY-PCI-TXLはmx0で認識できます。

Laneed のサポート情報ではLinuxのみ記載されているのですが、 LD-10/100ALはvr0で認識できます。

Firewallのために、

options IPFIREWALL 
options IPDIVERT 
をつけました。また、DHCPのために、
pseudo-device   bpfilter 4
をつけておきます。

FWという名前で作成しました。(CMDは削れるかな?)

# cd /usr/src/sys/i386/conf
# vi FW
# config FW
Don't forget to do a ``make depend''
Kernel build directory is ../../compile/FW
# cd ../../compile/FW
# make depend
# make
# make install
# sync; sync; sync
# reboot

[ Nob's Home | FreeBSD ]
nob@makioka.y-min.or.jp